相馬 亮が日々の出来事や思いをつづります。

  1. 展覧会
  2. 92 view

Art Expo NY 2019報告②

少し時間が空きましたが、Art Expo NY2019の続きをお話したいと思います。

NYでの生活について

昨日、本学のネイティブの先生とお話する機会がありました。

彼はNYにしばらく住んでいたことがあったそうで、「NYは、気合い入れて住まないと何もできない街」と話していました。その言葉の意味が、私にもすごく共感できて、4日しか滞在しませんでしたが、日本で言う「普通の暮らし」がどう頑張っても難しい印象を受けました。

 

まず、物価が高い!

せっかくNYに来たのだからと、「 NYの朝食の女王」と言われているSarabeth’sへと朝食を食べに行ってきました。Sarabeth’sはすでに日本にも上陸していて、新宿や品川にも店舗があるそうです。

事前にある程度メニューは見ていったのですが、エッグ・ベネディクト、パンケーキ、オムレツにフルーツジュースを飲んで、な、な、なんと15,000円超え!!!

これで15,000円!!

 

もちろんチップ込み(20%)の料金ですが、朝食で15,000円も支払うなんて、間違いなくこの先、一生ないと思います笑。

味はどうだったかと聞かれると・・・。

この歳になると、ある程度「美味しい」と言われているものを食べ慣れているせいもありますが、まあまあ美味しいという感じでしたかね。もし、またこの値段出して食べたいか?と聞かれたら、間違いなく答えはノーです。

物価が高いのは、これだけではなく、美術館に入るにも入場料が高いし(メトロポリタン美術館は25ドル。現在だと約2,800円)、デリでハンバーガーなんか食べても、軽く10ドル(現在だと約1,100円)しちゃいます。

調べてみると、NYは世界1位、2位を争うほど物価が高い街のようですね。

 

NYといえば、ティファニーやコーチの本店などがあり、とてもお洒落な街という印象があると思いますが、ところがどっこい街中は到るところにゴミだらけ。一番驚いたのは地下鉄の線路。もう本当にゴミだらけでした。

待ちゆく人たちも、お洒落とは程遠い格好をしている人がほとんどで、みな黒っぽい服を着ていた印象があります。派手な格好をしている人は、まず観光客でしたね。とてもお洒落とは言い難い感じでした。

 

また、NYの人達は本当に自由で、空港から入国の際、審査官との対面審査があったのですが、彼のテーブルの上にはトールサイズのスタバの飲み物に、JBLのポータブルスピーカーにiPhoneをつないで、音楽ガンガンかけながら、私とお話していました笑。日本では到底信じられない光景ですよね。

ショップの店員さんもほんと自由。まずほとんどが無愛想だし、暇さえあればスタッフで楽しそうに団欒してるし。まあ、日本の接客がベストなのかと言われれば、必ずしもそうとは言えませんが、働いている感が全く感じられなかったなあ。でも、肩の力を抜いて、みな自分らしく仕事をしているという見方もあるような気もしました。

信号無視も当たり前でしたね笑。誰も信号なんて守ろうともしてないし。

 

とまあ、悪いことばかり書いていますが、うーーーん笑。

ま、4日しか滞在していませんから、いい所がなかなか見えづらかったのだとは思いますが、夢のNY・・・。

展覧会の最近記事

  1. Art Expo NY 2019報告②

  2. Art Expo NY 2019報告①

  3. Art Expo NY 2019より帰国!

  4. 200号への挑戦

  5. 額装の準備

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

Count per Day

  • 251346総閲覧数:
  • 160今日の閲覧数:
  • 142昨日の閲覧数:

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の投稿