2014-08-18

夏休みだというのに・・・

お天気が優れませんね。これじゃ、日本中の子どもたちの折角の夏休みが台無しです。

神様、なんとかしてあげてください!!

 

お盆休みも昨日で終わり。今日から出勤なさった方も多いでしょうね。

自分も、今日から金曜日まで福島大学での2本目の集中授業が始まりました。今はホテルで明日の準備をしながら、ブログを書いています。

ビジネスホテル・・・、狭いから本当に嫌なんだよなぁ。

 

さて、昨日、一昨日と、お盆休み唯一のイベント、山登りに行ってきました。

また、山登り?なんて言わないでください(笑)これが、私にとってのライフワークなんですから。

 

今回は、私の唯一無二の親友、岩本隊長と二人でのアタック。

隊長は、私の高校時代からの同級生で、大学、大学院、そして同じ教員という仕事に就く、何でも言い合える大切な仲間です。

 

今回は日本百名山のひとつ、蔵王山へと登ってきました。

土日の天気予報はずっと雨マーク。隊長と二人で、なんとか雨の切れ間を見計らって登れないものかと、何度も天気予報の確認しつつ、決行は土曜日早朝と決めました。朝5時半に名取を出発。小雨降る中、山へ車を走らせていると、奇跡的に山頂は霧は濃いものの、雨は降っていません。

まず目指したのは、標高1841mの熊野岳。視界の悪い中歩いていましたが、途中何度か霧が晴れ、壮大で美しい自然を目にすることもできました。

 

この雄大な景色。心から感動するってこういうことなんだと、山に来るといつも感じます。

この雄大な景色。心から感動するってこういうことなんだと、山に来るといつも感じます。

 

馬の背を縦走し、お釜を眼下に臨みます。

 

一瞬だけ顔を出してくれました。

一瞬だけ顔を出してくれました。

 

おそらく、お釜に行ったことがある方はたくさんいらっしゃると思うのですが、お釜って実は、湖面のすぐ近くまで降りることができるんです。正式ルートではないので、案内の標示等はまったくありませんが。

 

今回は、お釜の淵まで行くことが私の目的でもあったのですが、本降りになってきた雨のため止むなく断念。

 

この無念、いつか晴らすと二人で誓ったので、また日を見てお釜の水辺でカップラーメンを食べてきます!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です