2014-01-30

中学3年生の卒業制作

現在、本校の中学3年生たちは、卒業制作に取り組んでいます。

「自分たちがお世話になった学び舎に、感謝の気持ちをこめて自分たちの足跡を残すこと」を目標として、週に1時間だけの美術の授業ですが、とても熱心に活動しています。12月から始まった卒業制作。何をテーマに制作するかを学年全員で話し合い、様々な案が出された中で、最終的に「ステンドグラス制作」に決定しました。作品のサイズは、縦6メートル、横4メートルという、私自身も初めて取り組むほどの大作。

校舎写真

校舎のこの大きな窓に展示します。

ステンドグラスのデザインは、本校高校3年生にお願いしました。(本校は中高一貫校なんです。)

卒業制作デザイン図

ステンドグラスのデザイン画。高校3年生がデザインしました。

彼女にデザインを依頼した理由は、現在高校美術部の部長を務めており、文化祭のポスターをデザインしたり、学内の様々な印刷物のイラストを描いたりと、様々な場で活躍してきた素晴らしい先輩である、ということです。そして何よりも、彼女も本中学校の修了生であり、今年、高校を卒業するということ。

多くの人たちの思いが詰まった卒業制作。

授業者である私自身も、毎時間少しずつ形になってくる作品を見る度にワクワクです。完成は3月15日。あー、楽しみ。

制作の様子

完成デザインを確かめながら、作品に取り組む生徒。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です